保湿クリームを利用して保湿をする3つのメリット

保湿成分を高濃度配合!

乾燥肌や敏感肌の原因になっているバリア機能の低下には、水分補うことではなく、肌のバリア機能を構成するスフィンゴシンと脂肪酸がアミド結合した化合物などの保湿成分を補う必要があります。 スフィンゴシンと脂肪酸がアミド結合した化合物をはじめとする保湿成分は油溶性ということもあり、クリームと相性がよく高濃度配合することができます。油分だけでなく保湿成分を補えるのが今のクリームです。

肌触りが柔らかく肌に優しい!

肌をできるだけ触らない、擦らないということを気を付けることも乾燥肌や敏感肌のお手入れでは大切なことです。 それを考えると、肌触りが柔らかいクリームは肌に対する負担が少ないといえます。肌が荒れて化粧水がしみてしまうような肌状態のときもクリームなら使えることも多いので精密な肌の保湿にクリームは欠かせません。

肌に栄養を与えることができる!

ハリや弾力を高める成分、美白成分、抗炎症成分、抗酸化成分など、美容成分といってしまってもいいと思いますが、保湿以外にもさまざまな作用のある 有効成分を与えることができるのもクリームの特徴です。年齢肌にとってはバリア機能の修復作用だけでなく、エイジングケア効果もあるとうれしいですよね。